1. HOME
  2. ブログ
  3. 印刷知識
  4. 紙のサイズ A4って何?

BLOG

ブログ

印刷知識

紙のサイズ A4って何?

今回は、紙のサイズについてご紹介いたします。

紙のサイズにはよく使用するA3やA4、B4等がございます。このAやB、3や4の意味はお解りでしょうか。

このようなサイズのアルファベット表記は JIS規格で定められたA判・B判を意味します。後ろの数字は大きさを意味します。

A判

A判は、ドイツの物理学者オズワルド氏によって提案されたドイツ規格でそのサイズを日本や各国が採用しました。

B判

B判は、JIS規格によって規格化された、日本独自の企画です。

用紙サイズと使用例

サイズが1つ大きくなるごとに面積が倍になっていき1つ小さくなると半分になります。そのためA3(297mm×420mm)を半分に折るとA4(210mm×297mm)、B3(364mm×515mm)を半分に折るとB4(257mm×364mm)になります。

A0の4分の1の大きさがA4

B0の4分の1の大きさがB4となります。