1. HOME
  2. ブログ
  3. 最新記事
  4. ウェブサイトを知識不要で作れる「ノーコード(No code)」とは?

BLOG

ブログ

ウェブサイトを知識不要で作れる「ノーコード(No code)」とは?

ノーコード(No Code)とは?

ノーコード(No code)とは、その名の通り、従来必要とされていたプログラミング言語を必要としない、そういった知識がなくても、ウェブサイトやアプリケーションを開発できる手法のことです。

ノーコードのメリット・デメリットは?

メリット

  • プログラミングの知識が必要ない
  • Webサービス開発の費用・時間削減
  • 開発スピードが早い

既に用意されているテンプレートを利用し、画像や文字情報を変更するだけで、簡単に自社仕様に変更することが可能になります。そのため、従来制作にかけていた膨大な作業を大幅に短縮できることから、制作コスト・時間を削減することができます。リリースまでのスピードが格段にアップし、またリリース後に非常に重要となる、情報の追加や修正が容易にできます。

デメリット

  • 定型的なことしかできない
  • ツールの選定に時間がかかる
  • ツールの操作方法を覚えなければならない

従来のコーディングで一から制作するウェブサイトと比較すると、自由度は低くなります。良し悪しがありますので、目的や納期に応じて選ぶことが重要となります。ツールの選定、操作等もサポートしてくれる業者の選定も大事になってきます。

まとめ

最近、ノーコードシステムを利用したホームページやECサイト、アプリケーションが数多くみられるようになりました。実は、今ご覧いただいている私たちのウェブサイトもノーコードシステムであるWordpressのテンプレートを利用して、1~2か月でリリースし、少しずつ更新を重ねて今の形となっています。アジャイル化が求められる今、是非おすすめです。

<ノーコードシステムを利用した弊社実績>